生保一般課程試験 練習問題5

生保一般課程試験 【練習問題5-19】

生命保険の必要性、生命保険を必要とする社会的背景と、生命保険会社の仕組みについて、次の選択肢が、それぞれ正しいか否かを答えなさい。

① 核家族化に伴い、経済生活に必要な保障は自己の責任において準備すべきであるという自己責任意識が高まりました。
タップで解答を見る
答え→ ◯
② 生命保険は、病気や災害などによる死亡の場合の遺族の保障だけでなく、病気やケガに対する医療資金の確保や老後の生活を保障する方法としても、また、子どもの教育・結婚、住宅などの資金を確保する方法としても、幅広い機能をもっていますので、私たちの家庭にとって欠かすことのできないものです。
タップで解答を見る
答え→ ◯
③ 各年齢者が将来平均して生きられる年数を「平均寿命」といいます。
タップで解答を見る
答え→ ☓
各年齢者が将来平均して生きられる年数を「平均余命」といいます。
④ 「保険業法」は、生命保険事業が健全に運営されることにより、契約者等を保護するために定められています。
タップで解答を見る
答え→ ◯
⑤ 生命保険会社は、生命保険以外の事業を自由に営むことができます。
タップで解答を見る
答え→ ☓
生命保険会社は、生命保険以外の事業で不測の損害を被り、健全な運営を損なうことがないように「他の事業を営むことが制限されています」。
⑥ 「基礎利益」とは、保険会社の1年間の保険本業の収益力を示す指標のひとつで、一般の事業会社の営業利益や、銀行の業務純益に近いものです。
タップで解答を見る
答え→ ◯