生保一般課程試験 練習問題5

生保一般課程試験 【練習問題5-17】

ご契約のしおり−定款・約款について、次の選択肢が、それぞれ正しいか否かを答えなさい。

① 保険会社はあらかじめ一定の契約条件、内容を定めた全保険種類共通の約款を作成し、内閣総理大臣の認可を受けて、公平に契約できるようにしています。
タップで解答を見る
答え→ ☓
約款には、「金融庁」の認可が必要です。
② 「ご契約のしおり」は通常、相互会社においては約款と合本され、株式会社においては定款・約款と合本されています。
タップで解答を見る
答え→ ☓
ご契約のしおりは、通常、「相互会社においては定款・約款」と合本され、「株式会社においては約款」と合本されています。
③ 生命保険契約は保険会社と契約者との間でとりかわす約束ですが、この内容となるお互いの権利義務を規定しているのが約款です。
タップで解答を見る
答え→ ◯
④ 「ご契約のしおり」は、約款の中で特に契約者にとって大切な部分(保険の特長と仕組み、死亡保険金を支払わない場合、特約についてなど)を抜き出し、平易に解説したものです。
タップで解答を見る
答え→ ◯
⑤ 「契約概要」はお客さまが保険商品の内容を理解するために必要な情報、「注意喚起情報」はお客さまに対して契約時や契約後に注意を喚起すべき情報で、どちらも契約前に必ずお伝えしなければならないものです。
タップで解答を見る
答え→ ◯