生保一般課程試験 練習問題5

生保一般課程試験 【練習問題5-7】

剰余金と配当金について、次の選択肢が、それぞれ正しいか否かを答えなさい。

① 剰余金が生まれる原因は、死差益、利差益、費差益の3つに分類されます。このうち死差益は、予定死亡率によって見込まれた死亡者数よりも、実際の死亡者数が少ない場合に生ずる利益です。
タップで解答を見る
答え→ ◯
② 利差配当付保険は、予定死亡率・予定事業費率について無配当用の基礎率を設定し、保険料を安くする代わりに、剰余金のうち利差益のみを配当金として還元する保険です。
タップで解答を見る
答え→ ◯
③ 生命保険の配当金は、契約者から預かった保険料をもとに、保険会社が経営努力を払った結果生じた剰余金を、契約者に返すという性格のものです。
タップで解答を見る
答え→ ◯
④ 配当金を契約が消滅するまで、あるいは契約者から請求があるまで、保険会社に積み立てておく場合は、保険業法の定める利率により複利で運用されます。
タップで解答を見る
答え→ ☓
「保険会社」の定める利率により、複利で運用されます。
⑤ 配当金の支払方法のうち相殺方法とは、保険料から配当金を差し引く方法です。
タップで解答を見る
答え→ ◯