生保一般課程試験 練習問題4

生保一般課程試験 【練習問題4-14】

企業向け商品について、空欄に入る正しい語句を、次のうちから選びなさい。

① 総合福祉団体定期保険は、従業員(役員を含むことができる)の死亡または所定の高度障害に対して保険金を支払う( 1 )更新の全員加入が原則の定期保険です。
1.1年
2.2年
3.5年
タップで解答を見る
( 1 ) 1.1年
② 企業が従業員に対して、老後の生活の安定を図るために、退職後に終身あるいは一定期間の年金の支給に備えて積み立てるタイプの保険を企業年金保険といいます。主な企業年金制度には、「確定給付型の企業年金」と「( 2 )年金」があります。
1.変額給付
2.確定拠出
3.変額拠出
タップで解答を見る
( 2 ) 2.確定拠出
③ 経営者保険の主な契約形態は、契約者が企業(団体)、被保険者が役員・幹部従業員、受取人が( 3 )となっています。
1.企業(団体)
2.役員・幹部従業員
3.役員・幹部従業員の遺族
タップで解答を見る
( 3 ) 1.企業(団体)
④ 勤労者財産形成制度(財形制度)にもとづく保険には、( 4 )積立保険・財形住宅貯蓄積立保険・財形年金積立保険などがあります。
1.財形貯蓄
2.財形教育貯蓄
3.財形医療
タップで解答を見る
2.財形教育貯蓄
⑤ 医療保障保険(団体型)は、健康保険の本人( 5 )負担制と健康保険対象外費用の増加などに対応し、公的医療保険制度の補完を目的とした企業(団体)向けの商品です。
1.全額
2.半額
3.一部
タップで解答を見る
( 5 ) 3.一部