生保一般課程試験 練習問題4

生保一般課程試験 【練習問題4-10】

隣接業界について、正しい場合は◯、正しくない場合は?を選択しなさい

① JA共済の生命共済の種類には、民間の生命保険の終身保険や定期保険特約付終身保険に相当する終身共済などがあります。
タップで解答を見る
答え→ ◯
② こくみん共済・各都道府県民共済は、いずれも農林水産省の監督のもと、組合員を対象に普及推進されており、無診査で、原則として小口の死亡保障に各種特約が付加されています。
タップで解答を見る
答え→ ☓
こくみん共済・各都道府県民共済は、いずれも「厚生労働省」の監督のもと、組合員を対象に販売されています。
③ 少額短期保険業者は、生命保険も損害保険も取り扱えますが、生命保険で取り扱える保険商品は、死亡保険・医療保険とも保険期間は2年です。
タップで解答を見る
答え→ ☓
少額短期保険業者が取り扱える生命保険商品は、死亡保険・医療保険とも保険期間は「1年」です。
④ 損害保険は、主として物に関する保険ですが、所得補償保険や傷害保険のように人に関する補償を行うものもあります。
タップで解答を見る
答え→ ◯
⑤ JA共済の年金共済は、原則として農協(JA)の組合員およびその家族の老後生活を保障することを目的としたもので、年金の種類には終身年金タイプと定期年金タイプがあります。
タップで解答を見る
答え→ ◯