生保一般課程試験 練習問題3

生保一般課程試験 【練習問題3-4】

次の文章の①~⑤の{ }の中の正しいものを選んでください。

1.生命保険が重要な存在となってきている今日、各家庭における生活設計を踏まえた ①{1.経営コンサルタント 2.ライフ・コンサルタント 3.消費生活アドバイザー} としての私たちの役割は一層大きくなっています。
タップで解答を見る
① 正解 2.ライフ・コンサルタント
2.最近の調査(生命保険文化センター「平成25年度生活保障に関する調査」)では、「相談や質問に的確、迅速に対応してほしい」「高度な商品知識、 ②{1.金融知識 2.医療知識 3.防災知識} を備えていてほしい」等、お客さまの今後の加入チャネル(経路)に対する意向が示されています。
タップで解答を見る
② 正解 1.金融知識
3.実際に保険金・給付金等の支払事由が発生した場合に、お客さまへの迅速な対応ができること、お客さまの ③{1.生涯収入 2.健康維持 3.ニーズの変化} 等にも的確に対応し、保障額や給付内容が意に沿わないものにならないようにしていくことなどは、生命保険本来の役割を実践していくための重要な活動です。
タップで解答を見る
③ 正解 3.ニーズの変化
4.保険業法等に定められているルール以外にも、所属生命保険会社が定める行動規範や販売活動に関するルールがあります。さらには業務上知り得た ④{1.販売情報 2.個人情報 3.環境情報} の取り扱いや、金融機関としての義務等の履行についても、法に則った厳格な対応が必要です。
タップで解答を見る
④ 正解 2.個人情報
5.通常、お客さまは代金(保険料)の支払いと同時に保険商品の効用を手にすることはありません。なぜなら ⑤{1.解約・失効 2.保険事故 3.剰余金} の発生による保障の提供時期は、契約締結時とは時間的にずれることがほとんどだからです。
タップで解答を見る
⑤ 正解 2.保険事故