生保一般課程試験 練習問題3

生保一般課程試験 【練習問題3-3】

次の文章につき、正しいか誤っているかを答えてください。

1. 契約者貸付の貸付金とその利息は保険期間内であればいつでも返済できます。また、保険金などが支払われる際に、未返済の貸付金や利息は、支払われる保険金などから差し引かれます。
タップで解答を見る
1. ◯
2. 保険料の払い込みが払込期月に遅れた場合、すぐに契約は効力を失うのではなく、生命保険会社は払込期月を過ぎても一定の期間は保険料の払い込みを待つことになっています。この期間のことを猶予期間といいます。
タップで解答を見る
2. ◯
3. 月払契約の猶予期間は、払込期月の翌月初日から月単位の契約応当日までとなります。
タップで解答を見る
3. ☓
4. 保険契約が失効した後、保険金・給付金の支払事由となる保険事故が発生した場合には、未払いの保険料を差し引いて保険金・給付金が支払われます。
タップで解答を見る
4. ☓
5. 復活の手続きには、復活請求書(申込書)の提出と同時に告知書の記入、場合によっては診査が必要となります。私たちは、新しい契約をいただく場合と同様の手続きを踏みながら、生命保険会社の承諾後に延滞保険料を受領することになります
タップで解答を見る
5. ◯