生保一般課程試験 練習問題3

生保一般課程試験 【練習問題3-2】

次の文章の空欄( ① )~( ⑤ )に入る最も適切な語句を、( ① )~( ② )については語群甲、
( ③ )~( ⑤ )については語群乙から選んでください

1.( ① )とは、一般的に「法令等の遵守」と訳されており、多くの企業では、法令や社内ルールだけでなく、社会的規範や企業倫理を守るということも含めて用いられています。

2.生命保険募集人の活動においても、法令をはじめ、所属する保険会社や保険代理店の諸規定、社会的規範に至るさまざまなルールを遵守し、社会的な倫理・良識のもと、( ② )の行動を実践することが求められています。

1.コンサルタント
2.コンプライアンス
3.自己責任原則
4.お客さま本位
5.マネー・ローンダリング
タップで解答を見る
① 2.コンプライアンス
② 4.お客さま本位
3.消費者契約法において、不適切な勧誘方法によって締結した契約の申込み、または承諾の意思表示を取り消すことができるのは、お客さまが誤認に気がついたときや困惑の状況から解放されたときから( ③ )以内で、契約締結時から5年以内です。

4.金融商品の( ④ )の説明を義務づける金融商品販売法では、もし、これを説明せず、その結果、お客さまに損害を与えた場合には、金融商品販売業者が損害賠償責任を負うことを定めています。

5.保険業法で定める「特定保険契約」の募集にあたっては、( ⑤ )にもとづく勧誘をすること、契約締結前交付書面をあらかじめ交付することや、虚偽記載の禁止等、金融商品取引法の規制の一部が準用されます。

タップで解答を見る
③ 7.6カ月
④ 2.重要事項
⑤ 3.適合性の原則