生保一般課程試験 練習問題2

生保一般課程試験 【練習問題2-5】

次の文章につき、正しいか誤っているかを答えてください。

[1]. 生命保険会社は、個々の契約の危険度を判断し、適切な契約の選択を行うために、被保険者の健康状態や被保険者または契約者の職業など必要な情報を正確に知らなければなりません。
タップで解答を見る
1. ○
[2]. 契約確認は、契約の成立前にのみ行われ、その結果、申込内容や告知内容などについて事実と相違していることが判明したときには、契約を引き受けないことがあります。
タップで解答を見る
2. ×
[3]. 告知義務者が生命保険会社に対して行う告知について、事実を告げるのを妨げる行為(告知妨害)や、事実を告げないようにすすめる行為(不告知教唆)などを、生命保険募集人等が行っていた場合は、これにもとづく告知義務違反があっても、生命保険会社はその保険契約を解除できません。
タップで解答を見る
3. ○
[4]. 保険契約締結時に生命保険会社が告知義務違反の事実を知っていたかまたは過失により知らなかった場合は、生命保険会社はその保険契約を解除できません。
タップで解答を見る
4. ○
[5]. 生命保険会社は、告知義務違反により保険契約を解除した場合、お客さまに既払込保険料相当額を払い戻します。
タップで解答を見る
5. ×