生保一般課程試験 練習問題1

生保一般課程試験 【練習問題1-6】

次の文章のうち、誤っているものを1つ選んでください。

Ⅰ.照会・苦情時の対応について
1.苦情等を受けた場合の対応上の留意点として、苦情の原因を把握すること、誠意ある回答をすること、正確な記録を残すこと、今後の対応改善や業務の見直しにつなげ、再発防止に万全をつくすことなどがあげられます。

2.契約者貸付などの保全手続きは、配偶者や親族であっても、委任状等による正式な代理人としての手続きがない限り、契約者に代わって行うことはできません。

3.保険金額の変更や保険金受取人の変更など、手続きの種類によっては、保険金受取人だけではなく生命保険会社の同意が必要な場合があります。

タップで解答を見る
Ⅰ.3
Ⅱ.相続の法律について
1. 被相続人は、原則として遺留分を侵さない限り、遺言で相続財産を自由に処分することができます。

2. 遺言は法定相続の規定に優先して実現させるという強い効力をもっていますので、法律で厳格な方式が定められています。

3. 遺言がなく、各相続人の間で遺産分割の協議が調わないときには、地方法務局に分割の調停や審判を求める方法があります。

タップで解答を見る
Ⅱ. 3

お疲れ様でした。
以上で練習問題3は終了です。