生保一般課程試験 練習問題1

生保一般課程試験 【練習問題1-3】

次の文章につき、正しいか誤っているかを答えてください。

[1] 生命保険会社は一定の契約条件、内容を定めた個々の契約ごとの約款を作成し、内閣総理大臣の認可を受けて、公平に契約できるようにしています。
タップで解答を見る
[1] ☓
[2] 約款は、契約者の権利義務について規定したもので、生命保険会社の権利義務については定款で規定しています。
タップで解答を見る
[2] ☓
[3] 「ご契約のしおり」は契約の申込みを受けるまでにお客さまに交付しなければなりません。特に、そこに記載されている保険契約者または被保険者の判断に影響を及ぼすこととなる重要な事項などについてはわかりやすく説明する必要があります。
タップで解答を見る
[3] ◯
[4] 「注意喚起情報」はお客さまが保険商品の内容を理解するために必要な情報であり、商品の仕組み、保障の内容、付加できる特約等の概要、保険金額や保険料に関する事項などが記載されています。
タップで解答を見る
[4] ☓
[5] お客さまが未成年者の場合、本人と面接のうえ本人であることをしっかり確認するとともに保険加入の同意を確認します。また、未成年者が契約者や保険金の受取人として法律行為をする場合には、法定代理人の同意が必要です。
タップで解答を見る
[5] ◯