生保一般課程試験 練習問題1

生保一般課程試験 【練習問題1-1】

次の文章の空欄( ① )~( ⑤ )に入る最も適切な語句を語群から選んでください。

1.乗合募集    2.裁定
3.媒介      4.紹介
5.司法処分    6.乗換募集
7.適否      8.比較
9.アドバイス
[1] 生命保険募集人は、A・B両社の生命保険募集人として登録すること(二重登録)はできません。原則、2社以上の保険募集(( ① ))を行うこともできません。これらは、契約者等の保護を図るための制限です。
① タップで解答を見る
① 1.乗合募集
[2] 生命保険募集人が生命保険を募集する際には、お客さまに対して、あらかじめ所属生命保険会社や生命保険募集人の商号・名称または氏名とともに、自分が保険契約締結に関して「( ② )」をするのか、「代理」をするのかを明示しなければなりません。
「( ② )」の場合は、生命保険募集人は契約申込みの勧誘ができるだけで、契約の成立には生命保険会社の承諾を必要とします。
② タップで解答を見る
② 3.媒介
1.乗合募集    2.裁定
3.媒介      4.紹介
5.司法処分    6.乗換募集
7.適否      8.比較
9.アドバイス
[3] 保険募集を行う際に、保険契約者・被保険者が保険契約の締結または加入の( ③ )を判断するために必要な情報の提供を行うことが必要です。
③ タップで解答を見る
③ 7.適否
[4] 保険募集を行う際におけるお客さま意向の把握、当該意向に沿った保険プランの提案、当該意向と当該プランの対応関係についての説明、当該意向と最終的なお客さま意向の( ④ )と相違点の確認を行うことが必要です。
④ タップで解答を見る
④ 8.比較

[5] 保険業法の中にある私たちが守るべきルールに違反した場合は、違反の内容によって行政処分や( ⑤ )を受けることになります。加えて、所属会社の社内規定等によっても処分されることになります。
⑤ タップで解答を見る
⑤ 5.司法処分